TARO ASHIHARA ARCHITECTS

芦原太郎建築事務所

笠間日動美術館 

  • □
  • □
  • □
  • ■
  • □
  • □
  • □
  • □
  • □
  • □
所在地茨城県笠間市笠間
延床面積1654.49㎡

城山の裾野であるすり鉢状の地形、樹木や竹林を生かし、既存の美術館、御典医をしていたご先祖の地に美術館を建てたいという施主の強い思い入れを融合し形にした美術館。文化の象徴を意識し、「地(建築)」と「図(風景)」の関係を強調しています。笠間日動美術館東館が竣工してから8年後、元々あった西館と向き合う様に本館が建てられました。ここでも山の形状を生かし、彫刻庭園と、1階から入館できる様に工夫をこらしました。

(hash_array) WORKS [
	property {
	}
	[0] (hash) 669fba621e068 {
		relation_id : 33
		feature : owner
		sequence : 
		id : 9
		extra_service : 
		extra_id : 10
		member : 0
		status : 1
		create_date : 1377666050
		modified_date : 1719806763
		general : 100
		extra_class : common
		holder : 200
		category : Public Facility
		number : 4
		country : 392
		start : 
		completion : 
		site_area : 0
		building_area : 0
		floor_area : 1654.49
		floors : 
		basement_floors : 
		penthouse : 
		type : 
		option : a
		tag : 
		branch : ja
		root : 
		document : 城山の裾野であるすり鉢状の地形、樹木や竹林を生かし、既存の美術館、御典医をしていたご先祖の地に美術館を建てたいという施主の強い思い入れを融合し形にした美術館。文化の象徴を意識し、「地(建築)」と「図(風景)」の関係を強調しています。笠間日動美術館東館が竣工してから8年後、元々あった西館と向き合う様に本館が建てられました。ここでも山の形状を生かし、彫刻庭園と、1階から入館できる様に工夫をこらしました。
		address : 茨城県笠間市笠間
		title : 笠間日動美術館 
		link_label : 
		link : 
		owner : 
		designer : 
		contractor : 
		data : 
		summary : 
		media : 
		prize : 
		contents_service : Architecture
		subject_authority : general
		authority_rate : 100
		relation_list : 
		c:attach : 669fba62264f1
	}
]